So-net無料ブログ作成

雨ニモ負ケズ [詩集]

〔雨ニモマケズ〕

ジャンル 詩集


秋も深まって来ましたし、ますます凹みますよね。なので、今回は読書の秋もかねて、元気の出る詩を紹介します!
たぶん、誰でも知っている宮沢賢治の詩だと思います。この詩の意味を私なりに解釈してみました。


雨にも負けず、風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けぬ
ここは、どんなにつらくてもくじけちゃだめだよ、という意味だと思います。

一日に玄米四合と、味噌と少しの野菜をたべ
つまり、健康にいい食事を、という事ですね。

よく見聞きし分かり、そして忘れず
簡単にいえば、世の中の事をいろいろ知りなさいよ、という意味ですね。

野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて、東に病気の子供あれば、行って看病してやり
西に疲れた母あれば、行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい
ここは、困っている人がいたら助けてあげなさいよ、といってるんですね。

北に喧嘩や訴訟があれば、 つまらないからやめろといい
私はここが一番好きですね。そうです、争ってもいい事ないんです。

みんなにでくのぼーと呼ばれ、褒められもせず、苦にもされず、そういうものに、わたしはなりたい
大抵の人は他人に何かしてあげた場合、「この人きっと喜ぶぞ・・・!」などと、何らかの見返りを求めてしまいますよね。最後のこの部分で宮沢賢治は、決して見返りを求めない人になりたい、といいたいと思います。


この時代、必要なのはこの詩だと思うんですよね。
しかしながら、現代は人とのお付き合いも少なくなりつつありますし、助けてあげても、「余計なお世話!」といわれちゃいそうだし、ありがた迷惑になる可能性もあります。
ケンカしている人たちを止めようといわれても、いじめやパワハラもどんどん陰湿化してますし、下手したら自分が巻き込まれる事だって・・・。いや、ここは勇気を出して・・・。
今の時代、残念ながら宮沢賢治の言葉はなかなか通用しないと思われます[もうやだ~(悲しい顔)]
今の社会を宮沢賢治が見たら、なんて思うだろう・・・。

これも、無料の電子書籍なので、気軽に手に入れられますよ。