So-net無料ブログ作成
実話、エッセイ ブログトップ
前の10件 | -

洞窟オジさん [実話、エッセイ]

また、親の暴力で子供が1人死にました。児童相談所は一体何をやってんだか・・・。まぁ、日本の場合、いい意味でも悪い意味でも実の親の親権が強い、というのもありますが。
ところで、親の暴力から逃れるために43年間もサバイバル生活をした人がいるって事をご存知ですか?みんなから、「洞窟おじさん」と呼ばれている方ですよ。




洞窟オジさん




まずは簡単な内容です。
親に暴力を振るわれ、学校にも居場所がなく、13歳の時に自分が飼っている犬と家出をし、洞窟で生活します。
それから、43年間、いろんな場所を転々とします。富士の樹海にいた事もあり、そこで死体(勿論、人間の)を見たとか。
町にいたり、人の優しさに触れる事はあったものの、ただただ怖くて、人間社会から逃げ出す事しかできなかったそうで。とにかく、親に連れ戻されるのが怖かったそうで。
43年間の様子や社会復帰した後など、実に詳しく描かれています。そしてその時、日本で起きていた事も詳しく書かれています。

そしてある日、自販機荒らしをしていたら、警察に捕まってそこで43年間の生活が明らかになります。
勿論、きょうだいと再会する事もできたそうで。

それから、社会復帰をした時は、エレベーターなどはじめての連続だったようです。勿論、人間関係の悩みなども出てきます。それにしてもエレベーターが怖いなんて・・・(笑)。

最後のページには、寝床の作り方や獲物の捕まえ方など、独自のサバイバル術が書いてあります。それらも生活しているうちに自然に覚えた事だとか。


文字を覚えたのもある程度の年齢になってからですし、社会に戻る時もいろんな苦労があったと思います。かといって親元にいてもよくない事ばかりだったでしょう(少なくても本人にとっては)。ある意味、洞窟おじさんは正しい選択をしたと思われます。
いや~、世の中いろんな人がいますね~(笑)。


自分の親は悪い親だ、といっているメル友にもこの本を教えたかったな・・・。親が嫌だったらこういった方法もあるんだよ、と。
勿論、紙の本↓もありますよ。




洞窟オジさん (小学館文庫)

nice!(6)  コメント(2) 

施設で育った子どもの自立支援 [実話、エッセイ]

ご存知の方もいるとは思いますが。何らかの事情で親と暮らせない子供が大勢います。
「悪い親と暮らすぐらいなら施設にいたほうがマシさ!」という声も聞こえて来そうです。それは確かな事ですが、問題はその後なんですよ。施設で育った子はその後どうなるのでしょうか。


子どもの未来をあきらめない 施設で育った子どもの自立支援



施設で育った子供たちがそれぞれ、自分の家族の事、施設に入ったきっかけ、施設の様子、施設を出た後の話を語って行きます。
読んでみると、聞くに堪えない話も少なくないのですが、これが現実なんですね。

どう考えても、施設の職員が幾らいい人でも、大勢の子供の面倒は見切れませんし、子供はある程度の年齢になると、施設を出て行かざるを得なくなるんですね。

私もあまり詳しくはないのですが、施設だとたぶん規則だらけですし、家庭でよくあるような「あれ食べたい」とか「今度○○に行きたい」という会話もできないと思います。まぁ、集団生活になるんだから、当然といえば当然ですよね。
施設にいたら、一般の家庭で学べるような常識を学ぶ機会もない訳で。つまり、世の中の事がよくわからないまま社会に放り出される事になるそうで。

聞けば、施設退所者は孤独感、孤立感にさいなまれて社会に適応するのが難しいそうで。
勿論、親元にも戻れず、相談相手もなく、路頭に迷う子も少なくないと思います。自分がいた施設の職員に相談する方法もあるのですが、どうしても遠慮してしまうそうで。
そして、悲しい事に、自殺してしまう子もいるとか。

何と親切な事に、施設退所者にはどう対応すればいいのか、いろんなヒントが出ています。
例えば「死にたい」といって来た場合、人に騙された時、進学や就職する時、お金に困った時、などなど。
施設を出たらそれで終わり、じゃないんです。その後もいろんな面で支える必要があるのです。そのようなシステムがあることはあるのですが、日本の場合まだまだ足りないと思われます。

こういった話はなかなか聞く機会がないので貴重な一冊です。
養護施設で働きたい、知り合いに施設で育った人がいる、という方にもおススメです。
nice!(5)  コメント(0) 

全聾の作曲家佐村河内守は本物か [実話、エッセイ]

「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か―新潮45eBooklet



あのゴーストライター事件の前に書かれたものです。

障害者のはずなのに○○がおかしい、どこか不自然だ、というような事が実に細かく書かれてあります。
読んでみると、いわれてみれば確かに、って感じですね。本書を読んだ方の中には、「あの時は何とも思わなかったけど、今考えてみたら確かにおかしいよね」とお思いの方もいると思います。

これを書いた人はゴーストライターの存在までは気付かなかったにしても、「なんか怪しい」とか「本当にそうかな?」と思っていたみたいですね。さすが音楽の研究者。まぁ、「怪しい」と、思っていた人は他にもいるみたいですケド

短いので、何度も読み返せますよ。読めば読むほど、これ書いた人すごいな、と思います。
ゴーストライター事件ですべてが明らかになった今でも、読んでみる価値はあると思います

サンタの友だちバージニア [実話、エッセイ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】サンタの友だちバージニア [ 村上ゆみ子 ]



心が温まる事がたくさん書いてあるので、読んでみました。

今から100年ほど前、ある女の子が新聞社に
わたしの友だちに「サンタクロースなんているもんか」っていっている子がいます。(中略)ほんとうのことを教えてください。サンタクロースって、いるんでしょうか?
という質問をしました。その子の名はバージニア。すると新聞社は心が温まる答えを出しました。本書からの引用です。

あなたの友だちは「サンタクロースなんているもんか」といっているそうですが、その子はまちがっています。(中略)サンタクロースがいる、というのは、この世の中に愛や、やさしさや、思いやりがあるのと同じくらい、たしかなものです。(中略)サンタクロースがいなかったら、すなおに信じる心も、詩も、夢のような物語もなく、人はちっとも楽しくないでしょう。私たちが感じるもの、目で見たりさわったり聞いたりできるものだけになってしまいます。サンタクロースがいないだなんて!うれしいことに、サンタクロースはちゃんといるし、これからもずっと生きつづけるでしょう。今から一千年たっても、いえ、その百倍の月日が流れても、サンタクロースは子どもたちの心の喜びとして、ずっとずっと、生きつづけることでしょう。

難しい説明になりますが、目に見えるものだけを信じてはいけない、大切なのは愛や思いやり、だという事ですね。素晴らしい言葉ですねぇ!この社説は今でも語り継がれています。
ただ、バージニア本人は「わたしは、サンタさんはいるの?という質問をしただけで、たいしたことをしたわけじゃないのよ」といったそうで。

バージニアはやがて学校の先生になりました。
昨年紹介したサンタクロースっているんでしょうか?と大きく違うところは、記者が答えを出すまでの様子や、バージニアのその後がかなり詳しく出ている事ですね。それをバージニアの孫が自分の子供に語って聞かせているという設定なんですね。
読んで、バージニアはいい先生でもあり、いいおばあちゃんだったんだろうな・・・。と思いました。
いや~、最後は泣きましたよ!

最後のページにはこの社説の原文(訳す前の文)が出ていますよ。

サンタクロースはいないんだ・・・、と落ち込んでいるあなたへ。一度読んでみてはいかがですか?

世界ミステリー事件ファイル [実話、エッセイ]

11月です。何も話す事は・・・、あまりないのですが、とりあえずこちらの一冊を紹介しますね。

世界ミステリー事件ファイル すべては捏造だった!


世界の謎の事件の真相が書かれてあります。中にはいまだに謎のままの事件も書いてあります。私もオカルトチックな事に興味がありますし、読んでみました。

例えば、あの有名な妖精の写真のお話しですが、ご存知の方もいるとは思いますが、あれは子どものイタズラでした。まぁ、この程度なら許せるかな?と自分も思っております。なんていうか、かわいいイタズラですね(笑)。あの子たちもまさかここまで大騒ぎになるとは思ってもみなかったようですね。
いや、むしろ「みんなに夢を与えてくれてありがとう」って考えております。

フィリピンの原始人は捏造である事がわかったものの、なぜみんなを騙したのか動機がいまだに明らかになっていないそうで。

船や飛行機が消えるバミューダ・トライアングル失踪事件はでたらめだったみたいですね。
勿論、ファラオの呪いもウソでした。

最近のでは、旧石器捏造事件も出ています。怪しいと思った新聞社が張り込みを行い、明らかになりました。
あ、捏造というのは、事実ではない事を本当の事みたいに作りあげていう事ですよ。

聖徳太子もいたかどうか、今となってはうさんくさい話だそうで。

このような噂は私たちが大袈裟にとらえ過ぎているところもあるみたいですね。

「夢がなくなってがっかり」だな・・・、という反面「ああ、よかった」という安心感も出て来ます。

あと、私から一言。人騒がせなでたらめをいうよりは、夢のある不思議な写真や動画、物語を作ってみてはいかがですが。今は誰もでも簡単に面白い写真が作れますし、ネットでも自分の作品を簡単に発表できますよ。
勿論、いうまでもありませんが「これは私が作ったものだよ」と前もっていってくださいね。

指揮のおけいこ [実話、エッセイ]

読書の秋、芸術の秋という事で、今回は音楽の世界が勉強できるエッセイを紹介します。
エッセイというのは、何ていうのかな・・・、自分が経験した事や思った事を面白おかしく書いた文学ですかね・・・。

指揮のおけいこ (文春文庫)



ある指揮者が自分の経験した事を通して、指揮者の仕事について語って行きます。
昔、指揮者に憧れた事があるので、どんな指揮者の世界ってどんなだろうと思い、買った本です。本書を買ったのは10年以上も前の事ですが、完全に読んだのはつい最近です。

指揮者は何のためにいるのか、というのもちゃんと書いてあります。でも、私はそんな事よりも、指揮している時はどんな気分なのか知りたいです。あ、そのために買ったんだっけ。

真面目な話なのですが、ユーモアいっぱいの文章なので何度も読んでしまいます。私が思わず読み返してしまうのが「無表情で指揮してみたら」というところです。著者は昔、全くの無表情で指揮をしたらどうなるかというのをテレビ番組で実験したそうです。以下本書からの引用です。

曲は月並みだが、ベートーヴェンの交響曲第五番『運命』にした。
(中略)ビデオ撮りの前の日にぼくのデスマスク、いや、ライフマスクを作ることにした。自分の無表情のマスクをかぶって、それをテレビに写せば無表情の大暴れが実現するわけだ。
テレビ局の控室の大きな机に、仰向けになった。顔全体に枠をはめ、ドロドロの石膏で顔を埋めて型を取るのである。死なないように、呼吸用の二本の管を、鼻の中に突っ込まれた。デスマスクだとこれがいらない訳だ。
(中略)こうやってとった型で面を作り、これをかぶって「ジャジャジャジャーン」である。
ライフマスクはメイクアップされ、何とも薄気味悪いものだった。後で見た画面では、完全に無表情なぼくが暴れ狂っていて実に不気味だった。

無表情で指揮した結果、まったく音楽にならなかったそうです。だたオーケストラの人たちが気持ち悪かっただけで。そして・・・。また引用です。
何年か前押入れの奥をゴソゴソやっていたら、いきなり「ライフマスク」が出てきて、気持ち悪かった。捨てるのもなんだし、困っている。
だそうで。

指揮台の手すりについても書いてあります。それは指揮者が台から落ちるのを防ぐためです。でも、中に手すりがないところもあるそうです。

196Pには、楽器は凶器(人を殺すための武器)になるのか、という事が書いてあります。実は私も似たような事を考えた事があります。例えば、ちょっと危ない話ですが、指揮棒に毒を塗ってそれを人に突き刺せば凶器に・・・、って感じで。ちなみに昔、指揮者の棒が手から飛んで、バイオリン奏者の目に突き刺さる事故があったそうです。勿論、片目を失明したとか。
本書にも書いてありますが、バイオリンで殴られても死にそうにはないですよね。あと、チェロはあまりにも重くてとっさの武器には無理だとか。可能だとすればのど自慢に使う鐘だそうで。叩く棒はハンマーなので凶器になりそうだとか。
個人的な考えですが、チェロにしてもバイオリンにしても、ちょっと改造すれば銃などの凶器にでもなるんじゃないかなと思うのです。ただ、それなりの知識は必要ですが(笑)。

クラシック好きさんにはたまらない一冊です。あと、将来指揮者になりたい方も読んでみてはいかがでしょうか。

森の生活その2 [実話、エッセイ]

今回も「森の生活」のお話しをいたします。

《送料無料》ウォールデン森の生活



54ページ、ソローはいよいよ森で生活をはじめます。
と、その前に。35Pには、衣服、アクセサリー、馬車などの贅沢品を見せびらかせば、ほぼ完璧に尊敬されると書いてあります。確かに。それは今も同じだと私は思います。そして、簡単に大勢の人が衣服に心を奪われる事は不思議なものの、それは見当違いだとか。見当違いとは、見当を誤る事ですよ。ここを読んで、ソローはモノに対する欲がないだな~、とつくづく思いました。
そして、私たちは、衣服を発明した事で、途方もない仕事を背負い込んだとか。裁縫は長い苦労に満ちた労働で、中でもドレスの仕立ては、いつ仕事の苦労から解放されるのか、気が遠くなるとか。私ならそれわかります~。私も長い事洋裁の学校に通っていたのですが、やはり大変でした。ここを読んだ瞬間、自分は型紙作りなど服作りそのものが向いてない事に気が付きました。
そして、屋根裏部屋に昔から置かれっぱなしの、埃をかぶった服を着ても何ら問題はないとか。
そして更に、
私たちは、衣服が古くなったと簡単に言いすぎます。果たして衣服がほぐれるまで着用した人がいるでしょうか。と書いてあります。そうですね、そこまでする人は滅多にいないですね。人は昔からそうだったのかもわかりませんが、豊かに今ならなおさらですよね。
服は何度も修理して、擦り切れるまで着たほうがいいのですが、なかなかそうは行かないですよね。それに、ボロはカッコ悪いですし・・・。
実は私、パジャマと下着はボロボロになるまで着た事があるんですよ(笑)。靴下も修理して使います。

やはりソローの言葉は現在でも通用する部分がありますねぇ。

森の生活 [実話、エッセイ]

夏休みにもっとも相応しい一冊を紹介します。今から150年ほど前、森で生活した人がその時の様子や想いを書いた本です。


【送料無料】 ウォールデン 森の生活 / Henry D Thoreau / 今泉吉晴 【単行本】



おそらく世界で最も有名なエッセイだと思います。かなり長い本なので、何日かに分けてお話ししますね(笑)。この本を書いた人は、ヘンリー・D・ソローです。
この作品は何回か翻訳されていますが、どれも難しくて読みづらいです。でも、本書は簡単で一度読み始めると意外とハマります。読んでみるとどこか哲学的な部分もたくさんあります。

まず最初に気になった言葉は、
私はコンコードの若者が、親から農場、家屋、納屋、家畜、農具などの財産を相続して、不幸になるのを見てきました。町の若者にとっては受け取るには抵抗がなくても、いらないと言うには勇気がいります。
です。う~ん、なんかわかるような気がします・・・。難しいけど、親から財産をもらったからって幸せになれるとは限らないという事ですかね・・・。あとは、このような財産はアッという間に使い果たしたりと・・・。

私が一番好きな言葉は17Pの、すくすくと育った敏感な人ならだれでも、太陽はいつも明快であることに気づいています。思い違いを正すのに遅すぎはしません。です。つまり、気が付いた時がはじまりだよという意味だと私は解釈しております。「なぜ今まで気が付かなかったんだろう」とか「こんな事もっと早く気がつけばよかった」と思った時は、この言葉を思い出す事にしております。

その他にも、勿論、謝金は今に限ったことではありません。昔からあって泥沼と言われもしました。、や、私たちは仕事を前にすると、これは大変だと大げさに考え、頭を一杯にします。でも、仕事をはじめると、考えた事の一部ですんでしまいます!それに病気で仕事を休んだ時のことを思い出してください。それでも地球はちゃんと回っていたではありませんか!(中略)できれば信仰など持たないで暮らせばいいのです。など、現代でも通用しそうな言葉がたくさんあります。
信仰は持たないほうがいい・・・、私もそう思います。

とても長いし、聞きなれない言葉も多いのですが、それでも他の翻訳された本と比べると、これはかなり読みやすいです。
疲れた時に読むと癒される一冊です。

素顔のカラヤン [実話、エッセイ]

今日は大指揮者カラヤンの誕生日です。今日はそれにちなんで、カラヤンの本を紹介しますね。
カラヤン、クラシックに興味ない人でも一度は聞いた事がある名前だと思います。そして、私がもっとも尊敬してやまない人物です。動画サイトでもオーケストラを指揮するカラヤンをしょっちゅう見ています。指揮するカラヤンはカッコいいですね[黒ハート]
なので、今回はカラヤンについて、熱~く語っちゃいますね~[わーい(嬉しい顔)]
カラヤンといえば、気難しそうで近寄りがたい雰囲気がありますよね。今回はカラヤンのそのようなイメージを吹っ飛ばしてくれる一冊↓を紹介します。

素顔のカラヤン 二十年後の再会



カラヤンの通訳、秘書を務めた方が、カラヤンのありのままの姿を語って行きます。楽壇(音楽家の社会)の帝王と呼ばれたカラヤンですが、本当のところはどうだったのでしょうか。
ネットを検索すればカラヤンの話がいろいろ聞けますが、さすがに細かいところまではネットでは無理ですね。

カラヤンも虎視眈々としているかと思えば、どこかツンデレみたいなところがあったりもします。あ、虎視眈々とは、じっとチャンスを狙うという意味ですよ。
読めば読むほど自分がカラヤンに会っている気分がします。


笑えるシーンを少し紹介しますね。

まず1つはこちら↓。本書からの引用です。
カラヤンの宿泊した京王ホテルプラザといえば、もう一つ印象に残る思い出があります。(中略)この台風の中でカラヤンは大丈夫だろうかと部屋に様子を見に行きました。するとカラヤンは窓際で腕組みをして外を見ながら立っているではありませんか。「あのー大丈夫ですか?」と声をかけると、「何のことだい?」という表情が返事の代わりでした。そしてゆっくりと微笑を浮かべて、「さっきから、まるでヨットに乗っているみたいで気持ちよくて楽しんでいるんだよ」

2つ目はこちら↓
サインをしに戻ってきたカラヤンに店員が、
「お客様、大変申し訳ございませんが、こちらのカードはすでに有効期限が切れておりまして・・・」
と言うではありませんか!何の話をされているのかまったくわからない様子でキョトンとしている、そんなカラヤンの顔を見るのも申し訳なく思って、ついつい下を向いてしまったものです。彼は彼で、クレジット・カードに有効期限があるということも知らなかったのですが、おそらく、クレジット・カードを使ったことも、自ら買い物に行ったことなどもあまりなかったことでしょう。

いや~、カラヤンもお茶目ですね~[わーい(嬉しい顔)]
今までイメージしていたカラヤンのギャップ(差)があまりにも激しすぎて思わず笑い転げながら読んでましたよ[わーい(嬉しい顔)]

オーケストラの指揮だけではなく、スキーもできるわ、ジェット機も操縦するわで、カラヤンって何でもできるんだな~、と思わず感心しちゃいました。感心したのはそれだけではありません、また本書からの引用です。

几帳面なカラヤンの性格が表れているのは、書籍、楽譜その他がキチンと整頓されているにもまして、棚の上にはワイシャツや衣類がすべて同じサイズにたたまれて同じ向きに一糸乱れず整理整頓されています。
いや~、私も見習わないといけませんな~。やはり成功者は私生活までしっかりしているんですね~。
あと、お金はかなりあったと思いますが、カラヤンは意外と物欲(お金やものを手に入れようとする欲望)がないんですよ。あと、カラヤンは基本を大切にする人でした。

あと、終盤(終わりに近い部分)の、「人間はその人にできることをやればいいんだよ。私は自分にできることをやったまでのこと。あなたはここで、あなたのできることをやればいいんだよ。たとえば、若い演奏家を育てるとか、若い音楽家にここで演奏できるチャンスを作ってあげるとかね・・・・・・」
というカラヤンの言葉が好きです。

カラヤンの最期を看取ったのも日本人(著者ではない)だそうです。最後のシーンは泣きましたよ![もうやだ~(悲しい顔)]

著者だからこそ語れる真実!
カラヤンが存命中(生きている時)から知っている方もそうでない方も、読んでみてはいかがですか。でも、本当のカラヤンファンは見ないほうがいいかもしれませんよ・・・。カラヤンのイメージが崩れる!って感じになるかもわかりませんから(笑)。
ちなみに、今年はカラヤンの没後25年という事で、CD売場でもちらほらと話題になっています。
私も一度、カラヤンのお墓を訪れたいです。そして、花でも置いて行きたいです。

これは私の生き方を変えた一冊でもあります。自分の生活が少しでも乱れたり、基本をおろそかにしたり、物欲にかられそうになる度に、カラヤンを思い出す事にしております。

ここから先はおまけです。

続きを読む


達人たちの教え [実話、エッセイ]

就職の季節ですね。「就職したら、仕事を頑張って成功するぞー!」と張り切っているあなたへ。まずは愛の貧乏脱出大作戦 達人たちの「教え」を読んでみてはいかがですか?

      

成功者たちはどんな努力をしているのか知りたくなり、アマゾンで買いました。
テレビ番組「愛の貧乏脱出大作戦」に出演した、達人たちの教えと名言が書かれています。ご存知の方もいるとは思いますが、貧乏な店の店主を達人と呼ばれる人のところで修行させて立ち直らせるといった感じの番組ですね。
達人たちの半生、そしてどのようにして達人になったのかが書いてあります。読んでみるとこのような人たちは日々努力の毎日です。特に、66ページを読んで思ったのですが、すべての人がサンタクロースのように優しく、人の気持ちがわかれば、いい意味で変われる人がもっと増えるだろうに・・・、と思いました。

そして、この番組の意味、そして達人たちの想いを改めて知る事になりました。

達人の1人はこのような事をいってました。以下、本書268ページからの引用です。

「もし店がつぶれたら、奥さんや子どもたちはどうなるんだ、と考えると厳しいこともいわざるをえないですよ。いちばん大切なことは、修行する本人が甘えをなくすこと。番組での修行をよい機会と捉えて、さらに努力していく心構えを持ってもらうことなんですよ」


なるほど、厳しい言葉の裏にはそのような思いがあったんですね・・・。だから、決して意地悪であんな事いった訳ではなかったんだな・・・、と改めて思いました。
しかしながら、かといってあんまり怒鳴りつけるのもいかがなものかと思うんですよ。たまたまその人には、店の運営が向いてなかったのかもしれませんしね。ホラ、人には向き不向きがありますからね(笑)。

将来お店を持ちたいと思っている方や、会社の経営者にもぜひ読んでほしい一冊です。
前の10件 | - 実話、エッセイ ブログトップ